第二回全日本武術祭・國際武學大賽 活動報告

令和元年11 月23日(土)、24日(日)に第二回全日本武術祭・國際武學大賽が神戸にある「神仙閣」と「ベイコム総合体育館」にて開催されました!

→前回のようすはこちらのページをご覧ください

 

主催は日本創生会😊

天気は快晴‼️

実は私は昨年は参加していないので、初参加😊
到着して右も左もわからないまま会場に入るとちょっとドキドキ😊

オープニングは大都神楽団による石見神楽「神武」。
初めて神楽を見たんですが、凄いです!
引き込まれて、何となくですが「今どこにいるんだろう」というようなタイムスリップした感じです😊

次に中華総会による「獅子舞」

これもまた凄いです‼️
以前にテレビでチラッと見た事はありますが、生で見ると迫力が違います。
表情や動きの幅の広さ。
感動です😊

そこからオープニングの演舞が日本創生会 洪家體術青蓮派の五祖五行拳からスタートです!
もちろん私も参加させていただきましたが、始まる前は結構ドキドキしていましたが、中華総会さんの音がだんだんと気持ちよくなってきて、最高でした‼️

そして、全日本武術祭の始まりです😊

個人から始まり、武器、対練、新武術(MWM)、エキシビションという流れだったのですが、まー普段とは違う緊張感で、稽古では見れない皆さんの引き締まった表情が印象的でした。

第一回に比べると、棍術も増え、全体的なレベルも上がったとの事でした😊

洪家體術青蓮派も集団の部で優勝‼️

エキシビションでは次元の違う表演武術も見れて、「んーーー、凄い!」の一言😅
あの領域にはおじさんは入れないし、入ってはいけない気がする………

懇親会が始まり、皆さんのプレッシャーから解放された楽しそうな顔を見ていると、「うんうん。良かった」なんて感じました😊

そして、中川実行委員長より突然の司会の依頼😅
「いかん、ガソリンが足りない。もっと飲んでおけば良かった」
と考えているうちに噛むは、安西さんを安東さんと意味不明な間違いをするし散々でしたが、安西さんのナイスフォローに助けられ楽しんで出来ました😊

全体的には、ただ参加していると言うより、みんなで協力して作り上げていった感じがしますので、ものすごく場のエネルギーが高かったですし、運営だけではなく、同志全員が主体的に動いて「あ、忘れたと!」思っていても誰かがフォローしていたり、会場にいてとても気持ち良かったです😊😊😊

こんな感じで、世の中の全ての人が主体的に行動できるようになると、戦争や争い事もなくなり、貧困や環境問題も解決できますよね😊

今回の課題や問題点を洗い出して、第三回の実行委員に繋げて、さらに素晴らしい武術祭にして行きたいですね‼️