日本創生会 【Japan Creation Society(JCS)】基本理念

日本創生会とは《新生の日本を創り出す》をモットーに、有望そして希望のある志の高い人達を集め、日本の未来を背負える人材を育成する団体です。

日本創生会の会員は、洪家體術を通して心技体のすべての昇華を目指します。

 

日本創生会の基本方針

洪家體術の実践・体得を行うことで、より良い世界を作り、人類社会をより向上させる指導者を育成すること。

指導者を育成することにより、単に理念だけを広めるのではなく、洪家体術を通じて順天行動(その人が生まれた目的のために活動すること)を体現する存在を増やしていくことが、目的になります。

  • 自他不敗の精神で、人格・人徳・人望を培っていく。
  • より高い視点から物事を見ることが出来る人を増やしていく。
  • 主体性を持ち、自ら問題に取り組めるようになること。
  • 自分の状態をニュートラル(零:ゼロ化)の状態に保つこと。
  • 世界平和を訴えかけるのではなく、自分の内側に平和を創造することで、既に平和な世界を体現させ、より平和な世界を創ること。
  • 「自分の内面が外の世界を作り出している」ことを肉体を通じて理解し、体現していく。
  • 自分の身体(小宇宙)を理解することで、対応する宇宙(大宇宙)を理解すること。
  • 天地自然の理を身体で理解・体現することで、天地人が統合された「天人統合」の状態を目指す。
  • 自分の身体に元々備わっているものを観察し、自然の法則を思い出す。
  • 悟りを開く事がゴールではなく、既に悟った状態を活用して、世の中をより良くするために活動すること。

以上の内容を洪家體術の稽古を通じて身体で身につけ、体現していきます。

普及についての考え方

日本創生会では、単に理念だけの普及や会員数だけを増やすのではなく「洪家體術の実践者」を増やすことが目的です。

そのため、日本創生会の活動内容や目的を正確に伝えて、その中から活動内容に共鳴する人を仲間にしていきます。

また、活動内容に共感・共鳴する仲間を中心に、さらにより良い世の中を作る指導者を増やすことで、各地で洪家體術の実践者を増やしていくことが、普及に対する基本的な考え方になります。

 

後援団体

日本創生会は、一般社団法人 洪門天地會青蓮堂日本總會が後援しています。
この法人は洪門の発祥由来でもある洪門宗家にあたります。

両会は連盟であり、共に未来を創造し、より良い世界の創生に取り組んでおります。

洪門の標語「順天行道」

順天行道とは「天に順(したが)い、示された道を行(ゆ)く」という意味の言葉。

人それぞれにある天命を、肉体を通じて理解し思い出すことで、天命を全うするための活動を行う事が、順天行道になります。

 

「日本創生会」設立の経緯

  • より良い世の中を作る。人類社会をより進化させる。
  • 南少林寺の洪二和尚から。洪門は武術家の作った団体であること。
  • 理念だけ広まっても、それを体現できていないと意味がない(洪家“體術”であることの重要性)

なぜ『日本』創生会なのか?

現代の世界の文明は、おおよそ今の日本の地域の文明から世界に広まっていきました。

ここでいう日本とは「日の本(ヒノモト)」(全世界の文明の発祥)という意味です。

日本人とはすなわち“世界人”という発想になります。

また、洪門と密接に関わっているものが、旧約聖書で描かれている『ノアの方舟物語』。

ノアの方舟物語には、ノアと3人の息子セム(黄色人種)、ハム(黒色人種)、ヤペテ(白色人種)、またそれぞれの妻で8人。

今の人類は、このノアの箱船の八人の子孫から広まったため、人類みな家族であるというのが、洪門の基本的な考え方になります(洪門も“洪”の字も、洪水から来ています)。

現在問題になっている様々な争いは、元々は無かった国や人種といった区別が分離・問題を起こしているため、人類みな家族であることを思い出すことが、日本創生会の目的になります。

そのため、大きく調和する大和のエネルギーの意味も持つ日本(ヒノモト)を、もう一度創生していく団体が、日本創生会になります。